ディスプレイの専門家が再び「iPhone 12 Pro」には120Hz ProMotionがないと主張

iPhone 12 Pro

ディスプレイの専門家が再び「iPhone 12 Pro」には120Hz ProMotionがないと主張 — Appleの噂の「iPhone 12」モデルは120Hz ProMotionディスプレイを搭載していないと、自己説明のディスプレイアナリストは主張しています。

正確なリーカーのJon Prosserによるものを含む複数のレポートは、2020の「iPhone 12」モデルがアップグレードされたディスプレイタイプをサポートすることを示唆しています。 120Hzディスプレイは、いわゆる「iPhone 12 Pro」モデルに限定されると予想されます。

自称ディスプレイのエキスパートであり、ディスプレイサプライチェーンコンサルタントの創設者であるロスヤングは、2020年のモデルにはアップグレードされたテクノロジーが搭載されないという噂を裏切っています。

ヤングの「連絡先」はいずれも、「iPhone 12」にProMotionディスプレイが含まれていることを裏付けるものはありませんでした。代わりに、彼はパネルが2021の「iPhone 13」ラインナップで到着すると言います。

ヤング氏は以前、「iPhone 12」モデルには低温多結晶酸化物(LTPO)バックプレーンがないと述べた—彼が主張する技術は、ProMotionディスプレイに不可欠であると彼は主張する。

現在、120Hzのリフレッシュレートを備えたスマートフォンが市場に出回っており、Apple独自のiPad ProはProMotionディスプレイをサポートしていますが、LTPOはサポートしていません。

AppleのProMotionディスプレイによる画面のリフレッシュレートが高いほど、アニメーションとスクロールがスムーズになります。 Prosserによると、リフレッシュレートは60Hzから120Hzの間で可変です。

 

https://appleinsider.com/articles/20/07/01/display-expert-again-claims-iphone-12-pro-will-lack-120hz-promotion

 

Leave a Reply